SEIBU 西武SOGO そごう

お問い合わせ

会社情報

  • 事業概要
  • 会社概要
  • 沿革
  • IR情報

フィロソフィー

  • 企業理念
  • 社長メッセージ
  • わたしは、私。

インフォメーション

  • ニュースリリース
  • お知らせ

サステナビリティ

  • トップメッセージ
  • 環境への取り組み
  • 社会への取り組み
  • ガバナンス
  • 外部評価
  • サステナビリティアクション
  • 報告書・データ集
  • セブン&アイグループのサステナビリティ

アート&カルチャー

  • そごう美術館
  • 池袋コミュニティ・カレッジ
  • 八ヶ岳高原音楽堂
  • ロフト
  • 池袋ショッピングパーク
  • こども科学センター・ハチラボ
  • そごう・西武の地域ワークショップ
  • そごう・西武の文化イベント
  • 西武渋谷店アートミーツライフ
  • ジャパンクリエイティブ
  • ケアリングデザイン
  • TRANSCULTURE想像以上の発見

採用情報

お問い合わせ

とじる

環境への取り組みENVIRONMENTAL INITIATIVES

イメージ

そごう・西武は、さまざまな社会環境の変化に対し、商品やサービスの提供を通じて、さらなる環境負荷の低減を推進し「次世代に続く豊かなくらしづくり」に取り組んでいます。

  • 環境活動
  • 植樹・育樹
  • 従業員への環境教育
  • 環境関連データ

環境活動

CO2排出量削減の取り組み

そごう・西武では、2050年までに店舗運営に伴うCO2排出量ゼロを目標とし、達成に向けた取り組みを推進しています。店内照明は商品エリアごとに照度や色温度、配置などを検討し、店頭イメージを向上させつつ省エネを実現するLED化を推進。西武池袋本店や西武渋谷店ではエントランスの演出にも役立てています。また自社の排出量(スコープ1+2)のみならず、スコープ3を含めた全体での削減を目指しています。

イメージ 西武池袋本店 本館地階=時刻をお知らせするLEDの柱

イメージ そごう横浜店「令和2年度ヨコハマ温暖化対策賞」受賞

プラスチック対策

そごう・西武では2030年までにプラスチック製お買い物袋の使用量をゼロとし、すべてのお買い物袋の素材は、紙等の持続可能な天然素材にすることを目指しています。その対応のひとつとして2020年7月より、プラスチック製お買い物袋をバイオマス30%配合の環境配慮素材に変更するとともに有料化を実施。またオリジナルのエコバッグを販売するなど、マイバッグのご持参をおすすめすることで、プラスチック製お買い物袋の削減に努めています。お買い物袋1万枚の削減につき1本分を、森づくりが必要な土地に木を植える活動として、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所に寄付。海を守ると同時に森を育てる活動につなげています。

イメージ 再生100%ポリエステルのオリジナルエコバッグ

食品ロス削減の取り組み

そごう・西武では、2050年までに売上百万円あたりの食品廃棄物発生量を、2013年度比で75%削減。また食品廃棄物のリサイクル率100%を目標にしています。
西武池袋本店では、レストランや社員食堂で発生した生ゴミを店内の生ゴミ処理機で有機肥料化。 契約農家で利用していただき、生産された野菜を西武池袋本店で販売する「食品リサイクルループ」を構築しています。また西武所沢S.C.、西武東戸塚S.C.では地域のフードバンクと連携し食品を回収する「フードバンクキャンペーン」を定期的に開催。お客さまとともに食品ロス削減にむけた取り組みを推進しています。

イメージ 生ごみ処理機

環境商品の選定と提案

サステナブルを年間テーマのひとつにあげ、日ごろのお買い物のなかで環境に配慮した商品を提案しています。2019年からスタートした「地球にちょっといいことプロジェクト」は、そごう・西武とクリエーターとのコラボレーションにより、環境にも良いことにつながるオリジナルアイテムを商品化し、期間・数量限定で販売。百貨店でなくても買えるものに付加価値を付けて、百貨店でしか買えないものにする取り組みです。

イメージ 3人のアーティストとコラボレーションした
「クリエーターズエコバッグ」

スマートラッピングの推進

お客さまのご用途やご要望を伺った上で、適正な包装を行う「スマートラッピング」。お客さまとともに「森林資源の保護とゴミの減量化」を推進しています。 お中元・お歳暮ギフトで「簡易包装」をお選びいただくと、4,000件につき1本分を、森づくりが必要な土地に木を植える活動として、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所に寄付しています。

イメージ 「スマートラッピング」
推進ポスター

イメージ お中元、お歳暮の
簡易包装

環境イベントの開催

そごう・西武ではお客さまや地域の皆さま、行政、学校、NPOなど、さまざまなステークホルダーがつながる仕組みや場を提供することで、百貨店の活性化とともに、課題解決のヒントを生み出しています。

くわしくはサステナビリティアクションをご参照ください。

イメージ

植樹・育樹

そごう・西武では、2009年からお客さま参加型の植樹・育樹活動を推進しています。プレゼントギフトをご注文の際に、リーフマスコット付リボンを税込100円で購入する「グリーンラッピング」をお選びいただくと、その内の50円が認定NPO法人環境リレーションズ研究所の運営する「Present Tree」への寄付となり、植樹・育樹につながります。グリーンラッピングは80件で1本分。また、お中元やお歳暮ギフトの簡易包装は4,000件、お買い物袋は1万枚の削減で、それぞれ1本分の植樹につながります。

イメージ グリーンラッピングのスペシャルページ

従業員への環境教育

社内報連載「SDGs百貨店への挑戦!」

隔月発行される社内報では、売場の商品やサービスとSDGsの関連をシリーズで連載。SDGsを意識した、新しい店づくりのヒントにつながっています。

イメージ

環境eラーニング

毎年1回全従業員を対象に、環境eラーニングを実施。地球規模の環境や社会課題を解決するために、自分たちが本業を通じてどのような行動をするべきかについて学習しています。

イメージ

eco検定(環境社会検定試験)®

本業にも活用できる環境の知識を修得するために、上位職を中心に「eco検定(環境社会検定試験)®」受験を推進しています。2020年度末現在のエコピープル(検定合格者)は累計で505名となりました。

イメージ

CSVアイデアコンペ

2017年から全従業員を対象に「CSVアイデアコンペ」を開催。各々が日ごろ感じている社会課題を解決すると同時に、百貨店の価値を高めることができる「1Action 2Value」のアイデアを募集し、その中で実現したアイデアは、新しい百貨店づくりのヒントになっています。

イメージ

イメージ

第1回CSVアイデアコンペで実現した「渋谷リメイクバッグプロジェクト」の内容を動画でご紹介しています。

環境関連データ

イメージ