PEOPLE04MISAKI SATO

佐藤 光咲
西武池袋本店 
お得意様セールス

佐藤光咲

西武池袋本店のお得意様部において、おもに豊島区在住のお得意さまを担当中。店内アテンドから商品のご提案、お届け、ご自宅への訪問販売などサービスは多岐にわたる。

PROFILE

2016年入社。西武池袋本店婦人服飾売場にて自主ブランドの販売を担当。2年目に同店インナーウエア売場で販売とマネジメントを経験したのち現在のお得意様部へ異動。「部門やブランドに捕らわれないbestな提案」を行うお得意様部のホープとして活躍中。

佐藤光咲

問われるのは
コミュニケーションの質。
ここは、すべての学びが活きる場所。

私の仕事は、そごう・西武のご上得意さまへパーソナルなおもてなしをし、信頼関係を築いていく、一般的に「外商」と呼ばれるお仕事です。お客さまがお買い物をするうえで一番に信頼し、相談していただけるパートナーとなること。そして、大きなライフイベントから、日々のご褒美まで、あらゆるニーズにパーソナルなお応えをしていくことが私たちの使命です。お客さまのお住まいや、店内のお得意さま専用ラウンジ、ホテルなどで開催するご招待会などにて商品をご案内します。お客さまのニーズやお好みにあわせ、「プラスαの提供」も必要です。お客さまおひとりおひとりとじっくりと向き合う仕事ですから、コミュニケーションは「量」だけでなくその「質」も問われます。

コミュニケーションの質、といえばこんなことがありました。私は国文学科の出身で研究テーマは万葉集だったのですが、日頃より私を気にかけてくださるお客さまと、いつものようにお話を重ねていると、なんとその方が私ととても近い分野の学問を修めていらしたことが判明。お客さまが興味をもってくださる話題、共通の話題を見つけることはふつう大変難しいのですが、就職活動ではまったく役に立たなかった卒業論文の話題がまさか、ここに来てぴったりとはまりました。学生の皆さんの中には「自分の専門分野は仕事に活かせないのでは?」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、大丈夫。大学時代の経験や学びに無駄なものはありません。

EPISODEわたしが作っていく「文化」

佐藤光咲

経験豊かな先輩がたくさん活躍するこの部署で、私が心がけているのは「娘と買い物に行くより楽しかった」「充実した時間を過ごせた」とおっしゃっていただけるような店内アテンド。もし店頭にあるブランドや商品が他社と同じだったとしても、駆け出しの私ではまだまだ提案力が弱かったとしても、「お客さまにかわいがっていただく」というスタイルを構築できれば、これから増えていくであろう若い仲間たちにとってひとつの可能性を提示できるのではないか、と思っています。「娘さんを超える」ためには、お好みやご予算に沿っているだけでは及第点。さらに質の高い品物、さらに新しいブランドをご紹介して「新しいものを知る喜び」をお客さまに提供していきます。

SCHEDULEわたしの一日

  1. 9:30

    朝礼。

  2. 10:00

    メールチェック。

  3. 10:15

    店頭展開の確認、販売員との打ち合わせ。

  4. 11:15

    催事等ご案内のためのTELアプローチ。

  5. 12:30

    昼食休憩。

  6. 14:00

    お客さまとサロンにて待ち合わせ。談笑、ご案内。

  7. 14:45

    店頭アテンド。

  8. 17:00

    お客さまのご入金対応。

  9. 17:30

    明日の予定組み。日報記入。

  10. 18:00

    終礼。

  11. 18:15

    退勤。