トップ > 会社案内 > 新しい百貨店づくりへの挑戦
会社案内

新しい百貨店づくりへの挑戦


 

4つの事業部を設置し、各店の個性を活かした店舗運営と成長事業への取り組みにより、新しい百貨店づくりを強力に推進していきます。


組織図

組織図PDF版(604KB)


2008年5月からスタートした西武池袋本店の改装は、2010年9月をもって完了しましたが、「完成のはじまり」をキャッチフレーズに日々変化と進歩を続けています。百貨店本来の使命である「お客様が求めるライフスタイル」を提供できるよう、「新しい百貨店」づくりを進めています。



店内のポータル機能を果たす「3つのステーション」

お客様と店内のあらゆる売場・ブランドとの接点となる「3つのステーション」では、それぞれ専門知識を持ったアドバイザーが、お客様の悩みにお応えして、ブランドの枠を超えた商品提案を行っています。
店内のポータル機能を果たす「3つのステーション」

セレクトショップ感覚でお惣菜を選べる「リトルシェフ」

セレクトショップ感覚で
お惣菜を選べる「リトルシェフ」

女性スタッフがお取引先とチームを組み、開発を手がけたオリジナルデリカテッセン。
「おいしさ」「ヘルシー」「高感度」に、少量パックといった「便利さ」が加わり、働く女性を中心に高い人気です。

おしゃれステージ

アクティブシニアのさまざまな要望に応える
新しい売場への取り組み

そごう・西武ではお客様の声をヒントに、アクティブシニア世代へのアプローチを強化しています。ファッションと機能の両立を実現した自主商品の開発や、シニア向けのブランド展開、ウォーキングシューズなどの商品群・売場を拡充しています。


会社案内メニュー