PROFILE
2008年4月 西武百貨店(現 そごう・西武)入社
2008年5月 西武渋谷店 販売部 紳士服飾部に配属
2011年8月 販売リーダー
2014年9月 西武渋谷店 婦人服飾部 コンポラックス係に転務
2016年10月 販売係長
現在に至る
※組織名は配属当時のものです。
  • 西武渋谷店 婦人服飾部 01
  • Q1

    現在の業務内容を教えてください

    婦人服飾部の係長として接客及び管理業務全般を担います。担当している売場「コンポラックス」は、新しい価値観に対応したリアルな日常着を提案する新インポート自主編集売場です。管理業務はスタイリングを提案するVP(ヴィジュアル・プレゼンテーション)から商品買い付けまで多岐にわたります。商品部のバイヤーおよび販売スタッフと協力してシーズン毎の取り扱いアイテムを企画し、ブランド選定からコスト管理までマネージメントします。「コンポラックス」は約9割がインポートアイテムで構成されています。海外の商品買い付けはマーチャンダイザーの担当ですが、国内商品については、自ら商品買い付けに同行します。「コンポラックス」はそごう西武の自主編集売場で唯一、レディース&メンズが混在する売り場です。私はこの売場を担当する前は紳士服売場を担当していましたが婦人服飾部の係長となり、買い付けにも積極的に参加するようになりました。

  • Q2

    コンポラックスを担当する魅力は何ですか

    現在コンポラックスのお取扱いブランドが約60ブランドあり、自由に各ブランドアイテムを組み合わせて、レイアウト構成できます。レディース&メンズが混在し、今までにない要素や指向を取り込んだ新しい品揃えを企画提案できることが魅力です。たとえば女性の方がメンズアイテムをお買い求めになるケースもあるなど、レディース&メンズの垣根を超えて商品提案できる醍醐味もそのひとつです。商品買い付けに関してもお客さまの顔を思い浮かべて、想像を巡らせながら買い付けできる、他の売場担当にはない面白さです。よりパーソナルな品揃えで新たな感動をご提供できるように心がけています。

  • 西武渋谷店 婦人服飾部 02
  • 西武渋谷店 婦人服飾部 03
  • Q3

    今後の目標があれば教えてください

    係長になり業務内容が増えたことで、接客時間の減少が課題です。自分が率先して店頭に立ち、顧客接点で得た情報をヒントにお客さまの期待値を超える売場づくりで、新たなお客さまを増やしたいです。また紳士服売場の経験が長く、婦人服の接客経験が短いという自分の足らない部分を強化することが直近の目標でもあります。まだまだ係長として経験が浅いので、売場メンバーが思い描く信頼されるマネージャーになっていくことを目標としています。

  • Q4

    取り組まれている
    プロジェクトなどございますか

    コンポラックスでは美術画廊とのコラボレーション企画を定期的に開催しています。この売場デザインを手がけたのは佐藤オオキさん率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」。庭園をイメージした空間演出で、そもそも売場全体がアート空間です。ここで洋服と美術品との新提案をしています。西武渋谷店らしさとは独自性、ラグジュアリー、差別化、といったことが挙げられます。ここにしかない空間環境を存分に活かした独自性をこれからも展開したいです。美術品を店頭で取り扱うことで、新しいお客さまの流れが生まれ、これをきっかけにコンポラックスを広く認知していただければと思います。

  • 西武渋谷店 婦人服飾部 04
  • Q5

    やりがいを感じる瞬間や
    エピソードなどを教えてください

    お客さまと接することが喜びでありやりがいです。自分の元気の源は接客です。お客さまに褒められたり喜ばれたり気持ちよく「ありがとう」とお声がけ頂いたときに本当にやりがいを感じます。思い出深いエピソードとしては、「コンポラックス」の立ち上げです。売場にまだ一着の服も無い、いわば更地の空間を与えられました。商品を一からセッティングする機会はなかなか巡り合えないチャンスでした。オープンレセプションも東京・青山の骨董通りにあるクラブを貸し切り、お得意さま、プレスの方や関係者をご招待するイベントを開催していただきました。

西武渋谷店 婦人服飾部 05
PAGE TOP