PROFILE
2008年4月 西武百貨店(現 そごう・西武)入社
2008年5月 西武池袋本店 販売部 スポーツ売場に配属
2010年9月 販売リーダー
2015年9月 販売係長
現在に至る
※組織名は配属当時のものです。
  • 西武池袋本店 スポーツ部 01
  • Q1

    現在の仕事内容を教えてください

    スポーツシューズ売場の係長として担当業務は主に3つあります。一つは店頭に立つ接客、基本は顧客起点です。お客さまと接することでニーズやトレンドを掴み、その情報収集やヒントは商品仕入れにも役立てます。次に商品発注業務を含む売場づくり。商品計画から販売企画までを立案し売場に着地させます。VP(ヴィジュアルプレゼンテーション・売場装飾)をこまめに変更しながら売場提案力を日々改善します。そして人材マネジメント。販売メンバー約40名を統括していますが、お取引先からのスタッフ、年齢、経験、立場も様々。私も不明な点がある場合は自ら教えを請う謙虚な態度で、販売メンバーとフラットに接しながらコミュニケーションを円滑にすることを心がけています。販売メンバー一人ひとりのモチベーションアップを促すことも私の重要業務です。

  • Q2

    これからの目標は何ですか?

    シューズ販売で日本一の売場にすることです。難しい課題ですが、できない目標ではないと考えています。日本一になるには他店の真似をしていては到達できません。他店よりも一歩先のご提案と品揃えで情報発信も活発な売場づくりを目指します。とはいえ、ただ新しいものを追い続けるだけでは顧客はついてきません。質の高い接客をして、一人でも多くのファンを獲得すること。お客さまは「どこで買うか」ではなく「誰から買うか」という人を選ぶ時代、お客さま一人ひとりに親身になり心に響く接客、感動をご提供することが大切です。まだまだ伸びる可能性を、この売場に秘めていると思います。

  • 西武池袋本店 スポーツ部 02
  • Q3

    商品仕入れを見極める
    ポイントは何ですか

    判断基準の一つが自分のスポーツ体験です。実際にスポーツを楽しみ様々なスポーツ現場に出向くことで、スポーツを楽しむ人たちを観察して人々に耳を傾け、どんなシューズが求められているかを判断することはとても重要です。

  • Q4

    仕事でやりがいを感じる瞬間は何ですか

    人とふれあう接客が好きです。たくさんの人との出会いが楽しいです。例えばご来店前に売場にお電話をいただいて「俣野くんに会いたい」と来ていただけるファンがいらっしゃる。そういったお客さまが増えていくのが励みです。

  • Q5

    仕事のプレッシャーや解決策は?

    西武池袋本店の売場をまかされているというプレッシャーは大きいですが、プレッシャーはそれだけ期待されているという証。予算達成、前年同期比がいかない時は問題点や課題がある時です。販売メンバーと一緒に原因追求し、商品陳列や反応の良くなかったと思われる、ありとあらゆる箇所を検討し改善を繰り返します。

  • Q6

    百貨店業界で働く魅力は何ですか?

    西武池袋本店という立地もあると思いますが、お客さま層が幅広く、毎日の来店客数が非常に多い。自分が仕かけたこと、努力したことに対して店頭ですぐに反応があり手応えを感じます。不特定多数のお客さまと「向き合う」ことで、小売業としての面白みや可能性を感じます。

  • 西武池袋本店 スポーツ部 03
  • Q7

    休日は何をして過ごしますか

    学生時代からサッカーをやっていて、現在はフットサルをしています。その他のスポーツではジムで鍛えたり、フルマラソンに参加したり、山野を走るトレイルランニングに参加したり様々なスポーツをしています。トレイルランニングでは山道など80Kmの距離を15~16時間かけて完走することもあります。

  • Q8

    どんな学生でしたか
    また志望動機は

    学生時代サッカーをやっていました。学生アルバイトもフットサル場で働き、また学生服を卸す企業でアルバイト体験もあります。就職活動ではスポーツメーカーやアパレル業界も検討していましたが、スポーツとアパレルの組み合わせを同時に携わることが実現できる「スポーツ売場に力を入れている」西武百貨店に着目したことが志望動機です。

  • 西武池袋本店 スポーツ部 04
  • Q9

    学生に向けてひとこと

    意欲があり・変化・流行に敏感、好奇心旺盛で仕事を楽しめる、スポーツ好きな方と一緒に働きたいです。仕事を楽しめる秘訣は、オンとオフを明確にすることです。

西武池袋本店 スポーツ部 05
PAGE TOP