PROFILE
2012年4月 そごう・西武入社
2012年7月 西武池袋本店 婦人服飾部に配属
2015年3月 販売リーダー
2016年3月 商事事業部法人外商セールスとして転務
現在に至る
※組織名は配属当時のものです。
  • 商事事業部 商事部 01
  • Q1

    商事事業部の業務内容をおしえてください

    そごう・西武の仕事イメージは百貨店の接客イメージ「B to C」ではないかと思われますが、ここ商事部は唯一「B to B」ビジネスに特化した部署です。取り扱い商材はプレミアムやノベルティ開発の「セールスプロモーション」。オフィスの制服、作業着など「ユニフォーム」。企業の防災対策用「防災商品事業」。企業さま向け「ギフト・記念品」。ショッピングバッグやパッケージなどの「包材・資材」。これら五大商材を柱に、お客さまへ提案営業をしております。また防災用品は百貨店で唯一オフィス防災EXPOに出店しています。

  • Q2

    現在の仕事内容をおしえてください

    セブン&アイグループ会社向けのセールスプロモーションを基軸に営業を行い、キャンペーン等の販売促進施策のトータルサポートを行っています。仕事の中心はSPといわれるセールスプロモーションです。代表事例としてはセブン&アイグループの販促キャンペーンで当たる、景品や販促キャラクターを起用したプレゼントグッズなどの提案から納品まで。お客さまのご要望をお伺いし、顧客層に合ったデザイン選定やトレンドを組み込みながら企画提案し、商品をご提案します。商品は百貨店ならではの目で厳しくチェックされた、安全安心な商品をお届けします。このように生産から物流までも一貫して担っています。日々いかにお客さまの心を捉え、受注に繋がる提案ができるかどうか、試行錯誤を繰り返しています。

  • 商事事業部 商事部 02
  • Q3

    印象に残るプロジェクトは何ですか

    セブン&アイグループ会社向けのセールスプロモーションで、主婦の方が喜ばれるのではないかと、レジカゴ対応のお買い物バッグを提案した案件です。着任してまだ一年ですが、レジカゴ対応のお買い物バッグの仕事は自分ではじめて独り立ちして、企画立案から納品まで着地させた大口案件です。お客さまと良い信頼関係が結べた印象に残るプロジェクトでした。また大きなビジネスは強いプレッシャーとの戦いでもありますが、品質管理、営業推進など各部署と連携を図り、時には同行していただき、そんなサポートや相談ができる環境が心強いです。

  • Q4

    仕事でやりがいを感じる瞬間は

    百貨店の販売員時代はお客さまにご満足していただき「ありがとう」といわれたときが喜びでした。商事部では発注者である企業さまのご担当者に喜ばれて、なおかつその先の多くのお客さまに喜ばれるときに達成感を感じます。また自分が企画したノベルティが、お店に陳列されている様子を見る瞬間も喜びです。一人ひとりが、そごう・西武の屋台骨を支えているという自負を強く持てる、それが商事部セールスのやりがいであり、楽しさでもあります。ひとつひとつのプロジェクトが、お客さまのご要望を踏まえたオリジナル。ゼロからのものづくりに携われる楽しさ、それが世に出る喜び、これは何物にも代え難い、この仕事の魅力です。

  • Q5

    これからの目標は何ですか

    まずはセールスプロモーション分野で自立すること。私は社内公募で異動した、店舗出身の営業です。業務内容こそ全く違いますが、店頭での接客の日々が今の私の糧になっていると思います。すべてのスタートはお客さまへの入念なヒアリングから。それは店頭での接客も商事部のセールスでも一緒だと思います。これからも入念なヒアリングを続け、お客さまに満足していただけるように努めていきたいです。

  • 商事事業部 商事部 03
  • Q6

    学生に向けてひとこと

    私は就職活動時に【付加価値をつけたい】という自分の思いがあり、それが「百貨店の付加価値のある接客・商事部のセールスプロモーション商品としての付加価値」という答えに繋がりそごう・西武にたどりつきました。みなさんもぜひご自身のやりたい事を今一度考えてみてください。その結果、是非一緒にお仕事が出来ると嬉しいですね。

  • Q7

    商事部への志望動機は何ですか

    私はもともと商事部の配属希望でそごう・西武に入社した稀なケースです。就職活動で企業研究をしているときに「商事部の案内」に目がとまり、入社を志望した。最初の配属は西武池袋本店で4年間、販売員を経験しました。ここで小売り業の基本を学び、接客を通じてお客さまを知る経験を蓄積しました。その後、社内公募を受けて商事部へ。特にセールスプロモーションは決まった商品を売るのではなく、自ら企画して作って売るまでを行う難しさと楽しさがあります。そごう・西武の仕事をイメージすると百貨店の接客イメージですが、同じ会社であっても部署が違うと業務内容も違い、まるで転職したような感じで大変さもあります。今は学生のときからの希望が叶い、自分が描くキャリアパスを歩んでいます。

商事事業部 商事部 04
PAGE TOP