トップ > CSR > 環境活動 > 「循環型社会」の推進
環境活動

「循環型社会」の推進

西武池袋本店「廃棄物の100%リサイクル」

産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

西武池袋本店では、15種類にわたる徹底したゴミの分別に全従業員で取り組んでいます。 レストラン街や社員食堂で発生した生ゴミは、店内の生ゴミ処理機でコンポスト(有機肥料)化。 契約農家で利用していただき、生産された野菜を西武池袋本店で販売する「食品リサイクルループ」も構築しています。 屋上の「食と緑の空中庭園」には、「セブンの森※」の間伐材を使ったリサイクルボックスを設置。 お客さまのご協力もいただき、2012年から店内で発生する廃棄物の100パーセントリサイクルを継続しています。
※「セブンの森」では、「健全な森」を育て林業を活性化させるため、西武・そごうをはじめ多くのセブン&アイグループの社員がボランティアとして間伐や下草刈りなどを行い、切り出した間伐材を商品や備品等に活用しています。


生ゴミ処理機でコンポスト化
「セブンの森」の間伐材を使ったリサイクルボックス





商事部 環境に配慮した「ユニフォームシステム」

産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

商事部では、リユース企業や素材メーカー。 環境団体とのネットワークを活用したリサイクルシステムなど、環境に配慮したユニフォームの導入を検討されているお客さまの、さまざまなニーズにお応えします。


八十二銀行さまへ導入





 

4つの柱 9つの取り組み

 
CSRメニュー