SEIBU 西武SOGO そごう

CSR活動CSR ACTIVITIES

CSR活動 CSR活動

私たちを取り巻く社会や環境には、
解決しなければならない様々な問題があります。

ですが私たち百貨店だけでは、すべての問題を
解決することはできません。

そごう・西武では、お客さまや地域の皆さま、
学校、企業、NPOがつながる仕組みや場を提供
することで、社会の問題解決のヒントを
生み出します。

私たちを取り巻く社会や環境

(Sustainable Development Goals:SDGs2015年国連で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」は、「人間が地球にずっと住み続けられるよう発展する」ために掲げられた国際社会の目標です。
そごう・西武は、ステークホルダーの皆さまとつながることで、SDGsの達成への取り組みを強化してまいります。

国際社会の目標

そごう・西武の環境方針

基本理念

私たちは、企業市民として社会的責任を自覚し、環境・社会・経済が一体となった事業活動を通じ、お客さまやお取引先、地域とともに、「次世代に続く豊かなくらしづくり」に取り組みます。

行動指針

  • 1.私たち自身の環境保全活動に加え、当社の事業活動を通じて、お客さまやお取引先の活動にも良い環境影響を及ぼすように努めます。
  • 2.
    • ①環境に慮した品ぞろえやイベント、セミナーなどを通じたお客さまとのコミュニケーション強化
    • ②社会貢献活動などを通じた地域、社会とのコミュニケーション強化
    • ③地球温暖化防止対策や廃棄物の削減、リサイクルの推進などによる環境負荷の低減と環境保全の推進
    • ④環境教育の継続による法令順守とリスクマネジメントの徹底
    • 以上の活動を重点に、仕組みや手法の継続的な改善に取り組みます。
  • 3.従業員に対する継続的な教育と啓発活動を行い、一人ひとりが環境や社会問題に自発的に取り組むことにより、お客さまや地域社会に役立ち、信頼される企業を目指します。
  • 4.挑戦的な目標を設定し、一人ひとりが達成に向けた活動を実践しながら、結果の検証と改善を繰り返し、システムの向上を心がけます。

この環境方針は、従業員と当社のために働く全ての人に周知するとともに、一般の方々にも公開します。

2016年10月6日
株式会社そごう・西武
代表取締役社長 林 拓二

そごう・西武の環境方針とSDGsの関係性

そごう・西武のCSR活動トップの関係性 そごう・西武のCSR活動トップの関係性
iso140001

そごう・西武全店舗および全事業所で、環境に関する国際規格ISO14001を取得し、環境方針の達成に向け「次世代に続く豊かなくらしづくり」に取り組んでいます。

セブン&アイグループの重点課題

セブン&アイグループは、ステークホルダーの期待や要請にお応えするため、ステークホルダーとグループの事業にとって重要な5つの課題を特定し、グループ一丸となって取り組んでいます。
セブン&アイHLDS のCSR活動についてはこちら

重点課題1

高齢化・人口減少時代の社会インフラの提供

911

重点課題2

商品や店舗を通じた安全・安心の提供

913

重点課題3

商品、原材料、エネルギーのムダのない利用

7121315

重点課題4

社内外の女性、若者、高齢者の活躍支援

45

重点課題5

お客さま、お取引先を巻き込んだ
エシカルな社会づくりと資源の
持続可能性向上

2412141516